会長挨拶
東京銀座ロータリークラブ
2020-2021年度 会長 亀岡 成幸


今期のRI会長ボルガー・クナーク氏はテーマとして「Rotary Opens Opportunities(ロータリーは機会の扉を開く)」を示されました。そして、ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待であり、私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いていると言われています。

第2750地区の福原有一ガバナーは、それを受けて、地区テーマを「Barrier Free Mind(相手と同じ視線に立つということ)」 全ての人に対して相手を尊重し、尊敬し、双方が笑顔になれるように寄り添う心の在り方とされました。

新型コロナウイルス感染問題が世界を混乱に巻き込み社会生活を脅かしています。
今、改めて、あたり前の様に手の内にある生命の大切さ、健康であることの喜びを考える機会と捉え


「生きていることの喜び、奉仕できることの幸せ」


を今期のテーマと致しました。

また、今期は福原ガバナーのホストクラブとして地区重点目標
1、 会員増強、退会の抑制
2、 ロータリーの知名度・公共イメージの向上
3、 青少年プログラムの理解度の向上と積極参加
4、 ロータリー財団、米山奨学会への寄付の予算達成
を実現し、銀座ロータリークラブを盛り立てたいと思っています。

今年、日本のロータリークラブは100周年を迎えます。これからの100年を見据えて変えてはいけないものを変えない意思と、変えるべきものを変える勇気を持ってクラブ運営にあたって参ります。

皆さまの積極的なご参加とご協力をお願い致します。